Optimism Football !!
主にサッカー全般の話題を独自の観点で書いていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本×ホンジュラス、逆転勝利!
日本対ホンジュラス、日本、殴り合いで競り勝ちました!

今回は海外組6人がスタメンで出場。
先日の予想フォーメーションを大きく裏切る(汗)2トップにヘナギ柳沢と高原
MFに中田英と俊輔、ナカタコ、稲本の4-4-2でした。
多分、ホンジュラスのカウンターを意識してのことだと思います。

日本は前半から、お決まりの超消極的・相手に合わせるサッカーをしてしまいます。
これについては毎試合と言っていいほど、セルジオ越後が文句(愚痴?)を言っています(笑)
前半8分、日本の立ち上がりの弱さをつかれました、スルーパスからのマルティネスに突破を許し、ベラスケスのシュートで先制点を獲られます。そして、前半28分、カウンターからベラスケスに
シュートを決められ、2-0。
しかし、前半33分、稲本らしい、ミドルレンジからのシュートを、相手DFがこぼし、そこを高原が詰め、足を伸ばしゴール!高原の1年半ぶりの代表ゴールで2-1。
ここから一気に日本は押せ押せムード。不調だった稲本、ナカタコも中盤で積極的にボールを奪い、ミドルシュートを放っていきます。しかし、点を奪うことができず、逆に前半終了間際に3点目を決められ(゚Д゚;)2点ビハインドで前半を終了します。

後半開始直後、FK俊輔から、柳沢が頭で合わせ1点差!これはいけるぞ!と僕も思いましたが
恩を仇で返すDF!ヽ(`Д´)ノ ウワァァァンベラスケスのハットトリックで4-2!この時はDFにマジでキレそうになりました。せっかく・・・せっかくヘナギ柳沢が決めてくれたのに!
しかし、それでも食らいつく日本、FKから宮本が倒されPK。
蹴るのは俊輔、バーレーン戦のPK失敗が脳裏をよぎりますが、きっちり決めて4-3!
この1点で滞っていた流れがまたも日本へ!ボールをもった柳沢が一人かわし
お決まりのパス・・・じゃなくてエリア外からのミドルシュート!(゚Д゚;)<ヘナギが積極的に打った・・・
これが決まり、4-4!同点にします!!よくやった柳沢!

その後、柳沢→玉田で交代し、33分、遂に歓喜の瞬間が訪れます!左サイドを完全に突破した三都主が途中出場の小笠原にパスし、フリーの小笠原が押し込んで
日本逆転!!キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

その後、ホンジュラスの猛攻を耐え抜き、試合終了。
オフェンス陣のほとんどがいい仕事をしていましたが、三都主は守備に
無関心で、中田英は集中力がなく注意散漫でした。とくにヒデは残念だったです。危なげない展開ながら「獲られたら獲り返す」サッカーで逆転勝ちをしました。
henaghi

まさか、ヘナギがあそこから打つとは思わなかった・・・

+人気blogランキング+
登録しました、よろしければクリックよろしくお願いします^^

スポンサーサイト
ホンジュラス戦23人+9人-9人=W杯メンバー
ジーコは先日、ホンジュラス戦のメンバーを発表しましたが
ここで、ある発言が飛び出しました。
「約30人の枠から23人を選ぶ」と。
まさにこれは、来年のW杯のことであり、激しいポジション争いの
幕開けの合図ということです。

今回の召集発表では巻、田中、阿部などの若手は外れ、結局、そのまま
残った若手は駒野だけとなりました。
それに、今回召集されてない、小野や今野、松井などもいますから
かなりのポジション争いが繰り広げられることになります。

「3年間で多くの選手を起用し、テストしてきたが、もうこれからはテストという考えはない。少しずつ固定していき、欧州組もできるだけ呼び戻し、可能な限りベストの布陣で試合をしていきたい」
とジーコは来年の本番へ向けて、チームをこのまま完成にもってくことを宣言しました。
でも、僕は今回のジーコの発言、行動には納得がいきません

W杯も出場が決まり、「勝利」を義務付けられた戦いも無くなりました。
だからこそ、若手や台頭選手を試すことができ、若手が台頭することで
チームの競争意識が高まり、チーム全体のレベルアップにつながると
僕は思うからです。
それに、2006年には小野や中村、中田などのいわゆる「ゴールデンエイジ」が最盛期を迎えます。もし、このままメンバー固定で海外組を使い続ければ、若手が育たず、2010年にはゴールデンエイジらの後釜が見つからず、そのままチームが衰弱していってしまいます。

もちろん、目の前の目標に全力を尽くすことはいいことですが
あくまで、日本サッカーの将来のことも見据えて、若手を積極的に
使うことが得策だと僕は考えます
ちょっと前の記事と矛盾しちゃったかな?(汗
zico

「若手なんか使う気無いよ~~」

+人気blogランキング+
登録しました、よろしければクリックよろしくお願いします^^

ジーコ「海外組」テスト
ジーコは7日、宮城で行われる、ホンジュラス戦に向けて
今回は海外組を召集してテストすると発表しました。

こちらとしては国内組やアテネ世代を試して欲しかったですが
セルティック(スコットランド)の俊輔以外の日本人選手はチームの
中心選手とは言えない状況。

小野も怪我のリハビリに励んでいますし
クラブでは活躍機会が少なく、国内組の台頭も著しいので
今回の決断は間違ってはいなかったとは思います。
が、海外組を起用するということは、国内組だけのメンバーより
チーム戦力が上がるということですから
レベルアップという意味合では、ホンジュラスでも良いと思いますが
もっと対戦してて吸収できるような国とやったほうが
代表の為になると僕は思います。

ホンジュラス戦、召集メンバー
GK:
楢崎正剛(名古屋)、土肥洋一(FC東京)、曽ヶ端準(鹿島)
DF:
田中誠(磐田)、宮本恒靖(G大阪)、坪井慶介(浦和)、三都主アレサンドロ(浦和)、駒野友一(広島)、中澤佑二(横浜FM)、加地亮(FC東京)、茂庭照幸(FC東京)、三浦淳宏(神戸)
MF:
遠藤保仁(G大阪)、小笠原満男(鹿島)、福西崇史(磐田)、中田英寿(ボルトン)、中村俊輔(セルティック)、稲本潤一(WBA)、中田浩二(マルセイユ)
FW:
大黒将志(ガンバ)、玉田圭司(柏)、高原直泰(ハンブルガーSV)、柳沢敦(メッシーナ)
japan1

ホンジュラス戦予想フォーメーション

+人気blogランキング+
登録しました、よろしければクリックよろしくお願いします^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。