Optimism Football !!
主にサッカー全般の話題を独自の観点で書いていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズらが奮闘するも横浜FC惜敗
 J2、28節、我らがキングカズが魅せてくれました。横浜FCは、城、カズらが奮闘するものの、4点を立て続けにとられ、厳しい状況。

4点目の7分後、シルビオ(←トリニダード・ドバコ代表)が1点返し

その8分後、城が倒されフリーキック。蹴るのは―――カ、カズ!?蹴りだしたボールは曲線を描き、ヴァンフォーレゴールへ吸い込まれていきました。カズダンスは見せてくれなかったようです。

このゴールで横浜FCは一気に上昇気流へ、しかし
84分にトゥイードが1点返すのが、やっとでヴェンフォーレに
4-3で惜敗を喫しました。

ついでに、この三ツ沢公園球技場はカズが日本に帰って、読売(現・ヴェルディ)で初出場&初ゴールを挙げた、縁起の良い場所なのです!
次はカズダンスを見せてくれ!カズ!

+人気blogランキング+
登録しました、よろしければクリックよろしくお願いします^^







スポンサーサイト
「神の手」後悔していない
1986年、メキシコW杯。
準々決勝のアルゼンチン対イングランド戦でマラドーナは
まさに神の手ゴールを決めました。GK、ピーター・シルトンとの
空中戦で左手を使い、ボールをゴールに入れたのは、もう、サッカーに
詳しくない人が知っているほど有名ですね。

問題発言されたのはアルゼンチンのテレビの新番組
『ラ・ノーチェ・デル・ディエス(10番の夜)』の中でのこと。あろうことか
「あのゴールを手で決めたことを一度も後悔したことはない、というのが事実だ。
ナポリでプレーしていた時にも、セリエAのウディネーゼ戦で同じようなことをやった。
ウディネーゼでプレーしていたジーコも『悪質なプレーだと思わなかったのか』
と尋ねてきたけど、何も思わないと答えたよ」

まぁ、このことで、ピーター・シルトンの引退試合に招待されなかったわけですが、
神の手はやられた方は溜まったモンじゃないですよねぇ
maradona

( ´,_ゝ`)

+人気blogランキング+
登録しました、よろしければクリックよろしくお願いします^^
チェコの超新星、移籍へ
チェコの超新星、ミラン・バロシュがリバプールからミラン(サブッ)に―――
じゃなくてアストン・ビラへ移籍となりました。
移籍金は12億程度、ユーロではめちゃめちゃ活躍してましたけど
リバプールでは「」って活躍もしてなかったので妥当な移籍金額かな?

今年はジェラード依存症を改善するためにサイド攻撃を重点に
置いているようなので、スペースへの飛び出しが武器の
バロシュにとっては、戦術的にもあわなそう・・・・・

シブリル・シセが復帰して、若手や、クラウチモリエンテス
らもいるので、多分、このまま居た場合、満足に試合には
出させてもらえないでしょう。だから、この移籍は良かったと僕は思います。

m.b

今回は意味不明な背番号にならないようにね!(FWなのに3番とか)

+人気blogランキング+
登録しました、よろしければクリックよろしくお願いします^^

平山、オランダでデビュー!!!
オランダ1部リーグ、ヘラクレスに所属している、平山が
対デンハーグ(前、戸田(トサカ)が居たトコね)戦でプロデビューを
果たしました!

アウェイのヘラクレスはデンハーグに後半、先制点を奪われ
厳しい状況、そんな中、後半30分、平山はピッチに現れました
アウェイ席に集まった、110人のヘラクレスサポーター
その110人は奇跡を目現することになります。

後半32分、左サイドからのFKをファーでフリーの平山が
頭で合わせ、ボールは1バウンドしてゴールに突き刺さりました。
歓喜とブーイングがスタジアムを包みます。
しかし、もう一度、このスタジアムがゆれることを誰が予想したでしょう。

同点雰囲気が漂う39分、CKをFWが折り返して、平山が身を挺しての
ヘディングシュート!その瞬間、数少ない歓喜と感嘆の声、そして
驚きを隠せない人々。1-2、逆転のスコア!
プロデビュー、与えられた時間は15分、しかし彼には10分で
十分でした。そして、平山は15分でヒーローとなったのです!

110人のヘラクレスサポーターは、SOTAと書かれた日の丸旗を
歓喜と共に振り続けていました

若手に過度の期待は禁物ですが、とにかく頑張れ!おめでとう!
sota

↑お願いだからデビュー戦だけスゴイのはやめてね

+人気blogランキング+
登録しました、よろしければクリックよろしくお願いします^^
小野、監督と音信不通
我らが小野ちん、なんと監督と音信不通です。

小野ちんは右足の疲労骨折で、日本で療養中、エールディビジは13日に開幕していて、19日には合流する予定だったのですが、いまだに合流はしておらず、現地のメディアも小野ちんの移籍の可能性を取り上げ始めました。

そこで、クーマン監督が小野ちんに連絡をとろうと思ったのですが
連絡がとれなかったようです。
なんでですかね?たまたま、連絡が取れなかったのでしょうか?
それとも、何か、精神的な問題があったのかどうか
連絡を取らないで休暇を増やしているのか、そのところは、僕にはわかりません

小野ちんは昨季もレギュラーとして活躍して、チームに大きく貢献してました。(オーバーヘッドも決めてたしね♪)しかも、今年のマーケット、フェイエはMFに目立った補強はしてませんから、その辺は心配は要らないと思うのですが・・・・・・・・

ono

↑フェイエの小野ちん、というか、最初に坊頭にしたのはジドニー五輪予選でしたっけ?
最近の小野ちんは髪型が落ち着かない様子、個人的に小野の坊頭は好きじゃないので、前の髪型のほうが良かったと思う

ono2

↑若き日の小野ちん(19)代表デビューはプロデビューの数週間後
 ちなみに当然の事ながら最優秀新人賞も受賞


+人気blogランキング+
登録しました、よろしければクリックよろしくお願いします^^
熱々のフライドチキン美味かったなぁ(棒読み)
最近、俊輔がファミマのCMに出ていますね
ぎこちない俊輔の喋りかたもツボだったりしますw

「練習帰り、みんなで飲んだり食べたり」
・・・・、本で読んだのですが、俊輔は試合に出してもらう為に
毎日、グラウンドの照明が降りるまで一人居残り
練習をしていたといいます。ですから
「練習帰り、一人で飲んだり食べたり」

か、悲しい・・・・・・っ、悲しすぎるぜ、スンスケ・・・

「熱々のフライドチキン美味かったなぁ」
棒読みかよ!くそ!業者泣かせめ!wというか
俊輔って、とにかく棒読みですよね、棒読み(批判ではありません、ツッコミですw)

「今でも日本に帰るとファミマにいくよ!
いくよ!って俊輔に合わないと思いません?なにもそこまで明るいキャラ演じなくても・・・・・・
というか、代表戦のときってホテル抜け出してファミマに行くんでしょうか?というか行けるんでしょうか?

まぁ、こういうことで、俊輔出演のファミマのCMはツッコミどころ満載でした!w
CMだったら、カローラの小野ちんが一番楽しかったな
snske

↑営業スマイル全快のスンスケ氏(笑
超早熟の選手達
若くして、人々から「天才」「将来の日本のエース」
などと、もてはやされていたものの
大成せず消えていった選手はたくさんいますよね
小倉隆史、財前宣之、前園真聖、磯貝洋光etc...

彼らは皆、将来を嘱望され、そして消えていった選手たちです

しかし、超早熟と言っても、大きく分けて二つあります
1つは怪我によるもの、もう1つは慢心によるものです

小倉は、当時、将来のエースストライカーとして期待されていて
1年間、留学したオランダ2部のエクセルシオールでもチーム得点王
など結果を残して日本に帰ってきましたが
アトランタ五輪予選で大怪我、シーズンの大半を棒に振ってしまい
その後、チームを転々、現在はヴァンフォーレ甲府に所属しています

財前は、ユース時代、中田を凌ぐ評価を得ていて、Wユースでは
中田らがメンバーにいるなかで、ただ一人ベストイレブンに選出
世界でもそのプレーは評価されていました。
しかし、3度に渡る大怪我で、パフォーマンスが低下、欧州でも
出場機会に恵まれず、現在はベガルタ仙台で活躍しています

前園は、鹿島実業から横浜フリューゲルス(現在は消滅)に入団
アトランタ五輪では随所で大器の片鱗を見せ、マイアミの奇跡の立役者
となりましたが、高額の年棒を要求したり、素行の悪さを見せ
結局、98年W杯ではメンバーにも入れませんでした
それから、代表にも呼ばれなくなり、Kリーグへ移籍し、2005年
現役を引退しました

磯貝は、Wユース予選韓国戦で右足を骨折しながらも、得点し
現地のメディアでは「日本に恐ろしい選手が現れた」と国内のみならず
期待されてました。しかし、天才の気質なのか、問題児でもありました
Jリーグでも特別な活躍はできず、浦和レッズを最後に現役を引退
今は、プロゴルファーとして、第二の人生を歩んでいます


もし、彼らが順調に育っていたら、今、日本はどうなっていたでしょう

財前が中盤を支配し、磯貝がベテランとしてチームを牽引、前園がDF
ラインをズタズタにし、小倉がゴールの山を積み重ねる

サッカーに「たら、れば」は存在しませんが
彼らが青のユニフォームを着てプレーする姿を見てみたかった
僕はそう思います





中田英寿、ボルトン移籍
コンバンわ、ついにヒデがボルトンにレンタル移籍しましたね

背番号は16、ボローニャ時代と一緒です

入団会見中は通訳無しの英語で話していました、やっぱり
その国の言葉を話せるか話せないかによって、チームでの
連携がかなり違ってきますから、語学が堪能なヒデなら安心です

あとは、ドリブラータイプのオコチャとどう共存するかも
問題になってきますよね。オコチャが上がれば、ヒデはそれを
フォローしなくてはいけないですし・・・
まぁ、フィジカルで負けることは少ないと思いますし、あとは
チームメイトとの連携が上手くとれるかどうかにも掛かってます

でも、セリエAと違いプレミアはシンプルに速くボールを繋いで
行くので、環境にはうまく適応できると思います

とにかく、移籍したからには結果を残して欲しいですね^^

hide

↑背番号は16、1+6=7らしいので
ブログ開通!!!
ブログを開通しました!
HPを作ることもできますが、すこし面倒(ヲイ)なので
ブログにしました、サッカーの話題は日々、更新していく予定です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。